定年退職後の生活情報★団塊世代の父へ贈物

定年退職後の生活情報★団塊世代の父へ贈物
退職後は退職以前よりも自由で豊かな人生を送って欲しい!そして確かな生きがい、趣味をもって楽しんで欲しい!
父への退職祝いの贈物を考えつつ、第2の人生を控えた方々へ応援メッセージを発信していきます☆

公的介護保険の利用する前に【団塊世代と介護】 1

公的介護保険の利用法について考えていきたいと思います。

介護保険は40歳以上の国民が年齢の上限なく保険料を払い続けていき、保険料を負担する代わりに介護サービスを安く受けられるというものです。

65歳以上なら原因の如何にかかわらず要介護・要支援状態になればサービスを受けられます。

ただし、サービスを受けるための手続きは自分で申請しなければなりません。本人、家族、居宅介護支援事業者などの代理人(ケアマネージャーなど)のいずれかです。

そこで、判断能力・自己決定能力がある程度健在ならば、公的介護保険や自己負担サービスを組み合わせて自立した日常生活を持続できます。

もし、自己決定能力が衰えたら・・自分に代わってサービスを発注してくれる人が必要です。一人暮らしの場合は地域にぜひ親しい人物を持ちたいものです。

また身内がいるからといっても、扶養義務者が頼れる人物とも限りません。遠い親戚より地域の友人、もしくは費用はかかりますが「成年後見制度」を選択肢に入れておいてください。


トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔