定年退職後の生活情報★団塊世代の父へ贈物

定年退職後の生活情報★団塊世代の父へ贈物
退職後は退職以前よりも自由で豊かな人生を送って欲しい!そして確かな生きがい、趣味をもって楽しんで欲しい!
父への退職祝いの贈物を考えつつ、第2の人生を控えた方々へ応援メッセージを発信していきます☆

還暦祝いについて。0

還暦祝いについてですが、地方によってはいろいろな慣習があるようですね〜

■実家では、女性の還暦はお祝いの慣習はありませんが、男性は親戚中で盛大にお祝いをする地域です。

■父の誕生日は秋で、まだ半年以上先ですが、つい先日、内祝の方が先に贈られてきました。
私も妹も知らなかったのですが、地元では還暦のお祝いは誕生日に関係無く、1、2月に贈るのがマナーらしくて、内祝が先に届いてしまいました。
しかも、内祝は、父の分だけですが、定価5万円もする物で、恐縮しました。
娘(私と妹)以外の親戚、両親の兄弟や、父の従兄妹や、亡くなった祖父母の従兄妹達からはとっくにお祝いを貰ってるそう、うちに届いたのと同じ内祝にお赤飯をつけて既に配ってるそうです。

■私の地元では、還暦のお祝いは、誕生日当日ではなく、もっと以前にするのがマナーらしいので、知らなかった私達と妹夫婦は、マナー違反だと、両親に渋い顔をされました。
お祝い金も、1人5万円程度で合わせて10万円と考えてましたが、両親の口ぶりでは、海外旅行に招待する家も多いようで、地元の相場より低いようです。

 

地方によって風習は違うので、大変だと思います。
還暦は祝ってもらうことが主なので、私は気持ちがあれば、あまり無理をしなくてもと思いますが。。


旅行も最高の物と思うとお金がいくらあっても足りないので、ツアーにまとめて参加して格安でも質の高い物を選ぶのも手だと思います。JTBとか日本旅行とか旅行会社でも内容によってグレードが違ったりするし、部屋食事もできるものが多いし、それなら大勢でも負担金はましではないでしょうか?


家かどこか部屋がしきれる和食の店とかいろいろ要は気持ちだと思いますが、地方の風習では難しいのでしょうね・・・
 


トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔